前へ
次へ

不動産投資の1つである賃貸経営で大事な知識

不動産投資の1つには賃貸経営があり、まったくの初心者でも参入できる分野です。
ただ、マンションを所有して賃貸経営をしていけば成功できるものではなくて成功のための基礎知識を身に付けておく必要があります。
まず、大事になるのがマンションにするのかアパートにするのかです。
マンションの方が部屋数が多い事もあり、入居者が多くなれば多くの収益を確保する事ができます。
しかし、維持費が高く、さらにマンションを新設となると多額の費用が必要になるのでお金の面で負担が大きいです。
もちろん、成功をして満室などになるとかなり儲かるので維持費もそこまで気にならなくなります。
逆にアパートは部屋数が少ないので収益の部分ではマンションよりも劣る事が多いですが、規模が小さい集合住宅なので維持費などの負担がマンションよりも小さいです。
それぞれ特徴があるので、自分の資金面を考えながらどちらかを選ぶようにします。
アパートの方が管理しやすいので経験がない人はアパートがおすすめです。

あなたの新生活を支える北九州の不動産店
株式会社アンサー倶楽部がお部屋探しに全力を尽くします

小田原の住宅ローン相談専門店
家を買うために必要なコトをご提案させていただきます

毎月の出費も含めたご提案
審査に通った後のことも考えて今の内から出費を抑えておきましょう

次に大事になるのが宣伝です。
賃貸経営をしていく時には、宣伝をして少しでも多くの人に自分が経営しているマンションやアパートを知ってもらう必要があります。
宣伝効果が薄いと、いくら暮らしやすいマンションでもなかなか入居者が増えずに収益が発生するまでかなりの時間がかかります。
そこで、不動産屋などと提携して代わりに宣伝してもらいます。
賃貸住宅を探す時には、基本的に不動産屋に来店する人が多いので自分が所有しているマンションやアパートを宣伝してもらうと入居者が増える可能性があります。
もちろん、自分でもチラシなどを作成して宣伝していく事も大事です。
また、宣伝効果が高くなるように、なるべく暮らしやすいマンションやアパートを建設します。
宣伝しても、暮らしにくい物件だと入居者が増えないです。
このように、不動産投資の1つである賃貸経営はいくつか大事なポイントがあります。

Page Top